CISなおゆう発電所

ソーラーフロンティア3.6kWの発電実績・分析等を掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

二桁発電記録達成!!1月12日発電実績

いつも”CISなおゆう発電所”をご覧頂きありがとうございます。

1月12日の発電実績です

20130112.jpg

20130112-2.jpg

  発電量実績 18.29kWh システム1kW当り発電量 5.08kWh/kW
   瞬間最高発電値     3.66kW (12:40頃)   天候 晴れ時々曇り
   一時間当り最高発電量 2.85kWh(11:00~12:00)

   売電量実績  16.71kWh    売電比率  91.36%
   自己消費     1.58kWh
         
   日照時間     8.4時間      最高気温  12.5度
   全天日射量  11.98MJ/m2  発電指数   0.424

20130112-3.jpg

流石に今日は20kWh台に届きませんでしたが、連続二桁発電記録は10日間となりました。
昨年8月29日から9月7日までの10日間と並ぶタイ記録です
次なる目標は8月15日から27日までの13日間!!・・・と行きたい所ですが残念ながら明日
・明後日は雨模様となっています

一方で、今月の累積発電量は163kWh(13.6kWh/日)となりました。貯金も58kWh迄
積みあがってくれています。
今月は360kWh(100kWh/kW)を狙っていけそうです!残り19日間で197kWh(10.4
kWh/日)なので不可能ではないハズです!!
明日・明後日はあいにくの天気となりますが、その後はまたしばらく晴れ間優勢の予報となっ
ていますので、更なる嵩上げを願っています

お付き合い頂きありがとうございました。


太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

冬場のパネル温度上昇ロス検証

いつも”CISなおゆう発電所”をご覧頂きありがとうございます。

2013年1月10日と11日は連日ピーカン天気となりました
ただ、気温と風速の気象条件が大きく違い、発電量にも差が出る格好となっています。
ついては、データから裏づけが出来ないか検証してみましたのでご参照下さい。

傾斜面日射量計算20130110
傾斜面日射量の計算 2013年1月10日

傾斜面日射量計算20130111
傾斜面日射量の計算 2013年1月11日

上記算式は「やんころりんさん」よりご教示頂いたErbsらの手法を用いた傾斜面日射量を計算
するシートです。
今回は南中時刻を挟む12時台に絞って検証を行ってみました

計算シートの黄色で示した部分(12.5の列)が12時台の傾斜面日射量となります。
1月10日 12時台 0.9104kWh=3.2772MJ/㎡
1月11日 12時台 0.8860kWh=3.1894MJ/㎡
となっています。これに定格出力を掛けると理論上の発電量が計算出来ます。
1月10日 12時台 0.9104kWh×3.60kW=3.2774kWh
1月11日 12時台 0.8860kWh×3.60kW=3.1896kWh

次に上記傾斜面日射量を基にして、推定パネル温度を加味してみました。
気温ロス検証20130111

推定パネル温度は気象庁から発表されている12時台の10分間隔の平均気温・平均風速か
ら算出しています。
ここでおさらいですが、パネルの定格出力はパネル温度25度・照射強度1,000W・AM1.5
で測定されています。
※余談ですが、冬場のこの時期でしかパネル温度は25度程度にはならないのですね・・・。
 メーカーの測定方法は非現実的なものと改めて思います。。。

つまり、1月10日の12時台推定パネル温度が26度なので、ほぼパネル温度上昇ロスはゼ
ロに近いものと考えられます。よって、1月10日を基準として1月11日の温度上昇ロスを検証
してみたのが上記の表となります。
1月11日の12時台推定パネル温度は35.0度となっています。一方、ロスの検証方法として
発電指数での比較を用いています。
結論としまして、パネル温度が9度上昇したことにより約1%の温度上昇ロスが発生しているこ
とを検証する事が出来ました。
加えて、発電量低下分(3.65%)を要因別に振り分けてみると、日射量自体の減少(2.68%
)とパネル温度上昇ロス(0.99%)となっています。


お付き合い頂きありがとうございました。


太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。