CISなおゆう発電所

ソーラーフロンティア3.6kWの発電実績・分析等を掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2015年7月分光熱費実績公開!!

いつも”CISなおゆう発電所”をご覧頂きありがとうございます。

7月分光熱費 (2013年5月1日より電気料金単価改定)
         (2014年4月1日より電気料金単価改正)

居住地    佐賀県南部
延床面積   40坪(吹抜けなし)オール電化
空調設備   リビングエアコン(5kw)・寝室エアコン(2.2kw)
室内温度   24度から29度(当月は5日間エアコン稼動)
家族構成   夫婦+子供2人
検針期間   6月11日~7月8日(28日間)
電力使用量  347kwh(デイ2kwh リビング66kwh ナイト279kwh)
電気料金   5,778円

太陽光発電(2012年3月5日より連係開始)  
 自己消費   51.8kwh×30.35円(デイ単価)=1,572円
 売電金額  291.2kwh×42円=12,230円

総電力使用量 398.8kwh
光熱費合計  5,778円+1,572円=7,350円

期間平均気温 23.2度

2014年7月分(29日間) 
電力使用量  352kwh(デイ3kwh リビング66kwh ナイト283kwh)
電気料金   6,117円

太陽光発電(2012年3月5日より連係開始)  
 自己消費   54.7kwh×30.35円(デイ単価)=1,660円
 売電金額  337.3kwh×42円=14,167円

総電力使用量 406.7kwh
光熱費合計  6,117円+1,614円=7,777円

期間平均気温 23.5度

前年同月比電力使用量 -7.9kwh(-2.0%)
前年同月比電気料金  -339円(内燃料調整費 -537.61円 内再エネ付加金等 +270.00円)

一日平均電力使用量 2014年7月分 14.24kwh 2014年7月分 14.02kwh 
              2013年7月分 13.36kwh 2012年7月分 15.22kwh
                       
 
お付き合い頂きありがとうございました。


太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

2015年6月分光熱費実績公開!!

いつも”CISなおゆう発電所”をご覧頂きありがとうございます。

6月分光熱費 (2013年5月1日より電気料金単価改定)
         (2014年4月1日より電気料金単価改正)

居住地    佐賀県南部
延床面積   40坪(吹抜けなし)オール電化
空調設備   リビングエアコン(5kw)・寝室エアコン(2.2kw)
室内温度   24度から28度(当月は2日間エアコン稼動)
家族構成   夫婦+子供2人
検針期間   5月13日~6月10日(29日間)
電力使用量  363kwh(デイ2kwh リビング58kwh ナイト303kwh)
電気料金   6,036円

太陽光発電(2012年3月5日より連係開始)  
 自己消費   49.6kwh×30.35円(デイ単価)=1,505円
 売電金額  474.4kwh×42円=19,925円

総電力使用量 412.6kwh
光熱費合計  6,036円+1,505円=7,541円

期間平均気温 21.8度

2014年6月分(30日間) 
電力使用量  358kwh(デイ2kwh リビング62kwh ナイト294kwh)
電気料金   6,140円

太陽光発電(2012年3月5日より連係開始)  
 自己消費   57.3kwh×30.35円(デイ単価)=1,739円
 売電金額  543.7kwh×42円=22,835円

総電力使用量 415.3kwh
光熱費合計  6,140円+1,739円=7,879円

期間平均気温 22.4度

前年同月比電力使用量 -2.7kwh(-0.7%)
前年同月比電気料金  -104円(内燃料調整費 -395.88円 内再エネ付加金等 +291.00円)

一日平均電力使用量 2015年6月分 14.23kwh 2014年6月分 13.84kwh 
              2013年6月分 12.78kwh 2012年6月分 13.15kwh
                       
今月分は昨今の原油価格下落の恩恵で燃料調整費が大きく下がってくれました。
ただ、再エネ賦課金が下落分をほぼ帳消しにしてしまっています。
深夜電力の増加分は気温が前年より低かった事でエコキュートの効率が上がらなかった事が影響したようです。
ここにきてようやく電気料金が前年比より減少しています。
九州電力管内は7月の川内原発再稼動を目前に控えていますが、今後の値動きは気になりますね。。。

お付き合い頂きありがとうございました。


太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村

PageTop

2015年5月分光熱費実績公開!!

いつも”CISなおゆう発電所”をご覧頂きありがとうございます。

5月分光熱費 (2013年5月1日より電気料金単価改定)
         (2014年4月1日より電気料金単価改正)

居住地    佐賀県南部
延床面積   40坪(吹抜けなし)オール電化
空調設備   リビングエアコン(5kw)・寝室エアコン(2.2kw)
室内温度   19度から27度(当月は暖房・エアコンの使用なし)
家族構成   夫婦+子供2人
検針期間   4月9日~5月12日(34日間)
電力使用量  483kwh(デイ3kwh リビング76kwh ナイト404kwh)
電気料金   7,969円

太陽光発電(2012年3月5日より連係開始)  
 自己消費   46.0kwh×30.35円(デイ単価)=1,396円
 売電金額  406.0kwh×42円=17,052円

総電力使用量 529.0kwh

光熱費合計  7,969円+1,396円=9,365円

期間平均気温 17.6度

2014年5月分(33日間) 
電力使用量 433kwh(デイ3kwh リビング72kwh ナイト358kwh) 
電気料金 7,204円

太陽光発電(2012年3月5日より連係開始)  
 自己消費   62.0kwh×29.51円(デイ単価)=1,830円
 売電金額  438.0kwh×42円=18,396円

総電力使用量 495.0kwh

光熱費合計  7,204円+1,830円=9,034円

期間平均気温 16.8度


前年同月比電力使用量  +34.0kwh(+6.4%)
前年同月比電気料金  +765円(内燃料調整費 -221.30円 内再エネ付加金 +422.00円)
前年同月比光熱費合計 +331円

一日平均電力使用量 2015年5月分 15.56kwh  2014年5月分 15.00kwh 
              2013年5月分 16.35kwh  2012年5月分 13.96kWh

今月分から再エネ賦課金が0.75銭から1円58銭に大幅アップとなっています。
燃料調整費とは異なり下がる事はなく、増える一方の賦課金です。。。
国の政策であれども、オール電化住宅にとっては深夜電力単価にも一律に負担せねばならない
ので当発電所においてはオフグリッド化を真剣に取り組む時期に差し掛かってきたようです。
                    
お付き合い頂きありがとうございました。


太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村

PageTop

2015年4月分光熱費実績公開!!

いつも”CISなおゆう発電所”をご覧頂きありがとうございます。

4月分光熱費 (2013年5月1日より電気料金単価改定)
         (2014年4月1日より電気料金単価改正)

居住地    佐賀県南部
延床面積   40坪(吹抜けなし)オール電化
空調設備   蓄熱暖房機(5kW)・リビングエアコン(5kw)・寝室エアコン(2.2kw)
室内温度   18度から22度(当月はLDKは蓄熱暖房機 寝室はエアコン稼動)
家族構成   夫婦+子供2人
検針期間   3月10日~4月8日(30日間)
電力使用量  642kwh(デイ2kwh リビング91kwh ナイト549kwh)
電気料金    9,890円

太陽光発電(2012年3月5日より連係開始)  
 自己消費   44.4kwh×30.35円(デイ単価)=1,348円
 売電金額  490.6kwh×42円=20,605円

総電力使用量 686.4kwh

光熱費合計  9,890円+1,348円=11,238円

期間平均気温 13.3度

2014年4月分(30日間) 
電力使用量  459kwh(デイ5kwh リビング84kwh ナイト370kwh)
電気料金   7,286円

太陽光発電(2012年3月5日より連係開始)  
 自己消費   62.0kwh×29.51円(デイ単価)=1,830円
 売電金額  435.0kwh×42円=18,270円

総電力使用量 521.0kwh

灯油使用量  3,492円(36ℓ)…毎日石油ファンヒーター使用(設定温度22度)

光熱費合計  7,286円+1,830円+3,492円=12,608円

期間平均気温 12.2度

前年同月比電力使用量 +165.4kwh(+131.7%)
前年同月比電気料金   +2,604円(内燃料調整費 +228.78円 内再エネ付加金 +280.00円)
前年同月比灯油料金   -3,492円
前年同月比光熱費合計 -1.380円

一日平均電力使用量 2015年4月分 22.88kwh  2014年4月分 17.37kwh 
              2013年4月分 22.89kwh  2012年4月分 25.53kWh

今回の検針期間平均気温は昨年比+1.0度となっており、昨年より高くなっています。
昨年は暖房を石油ファンヒーターにて賄い、今年は蓄熱暖房機に戻して光熱費の推移を追跡しています。
4月検針ベースでの光熱費は昨年比△1,380円となっており、単月で比較すると初めて蓄熱暖房機に軍配があがりました。

※12月から4月分での合計光熱費は次の通りとなりました。
  昨冬合計光熱費 71,689円(内灯油代 22,708円)
  今冬合計光熱費 80,708円(昨冬比  +9,019円)

結果として一冬で約9千円の差額がでましたが、24時間暖房である事と燃焼ガスが出ない室内である事を鑑みると電気料金単価が上がった事で家計負担は大きくなっていますが、蓄熱暖房機の出番もまだまだありそうです。
来冬は石油ファンヒーターを1・2月の厳冬期に使い、その他の時期は蓄熱暖房機にする方法も試してみたいですね。
                   
お付き合い頂きありがとうございました。


太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村

PageTop

2015年3月分光熱費実績公開!!

いつも”CISなおゆう発電所”をご覧頂きありがとうございます。

3月分光熱費 (2013年5月1日より電気料金単価改定)
         (2014年4月1日より電気料金単価改正)

居住地    佐賀県南部
延床面積   40坪(吹抜けなし)オール電化
空調設備   蓄熱暖房機(5kW)・リビングエアコン(5kw)・寝室エアコン(2.2kw)
室内温度   18度から22度(当月はLDKは蓄熱暖房機 寝室はエアコン稼動)
家族構成   夫婦+子供2人
検針期間   2月9日~3月10日(29日間)
電力使用量  1,078kwh(デイ4kwh リビング113kwh ナイト961kwh)
電気料金    15,650円

太陽光発電(2012年3月5日より連係開始)  
 自己消費   46.5kwh×30.35円(デイ単価)=1,411円
 売電金額  297.5kwh×42円=12,495円

総電力使用量 1,124.5kwh

光熱費合計  15,650円+1,411円=17,061円

期間平均気温 7.3度

2014年3月分(28日間) 
電力使用量  540kwh(デイ4kwh リビング92kwh ナイト444kwh)
電気料金   8,166円

太陽光発電(2012年3月5日より連係開始)  
 自己消費   48.5kwh×29.51円(デイ単価)=1,431円
 売電金額  302.5kwh×42円=12,705円

総電力使用量 588.5kwh

灯油使用量  5,238円(54ℓ)…毎日石油ファンヒーター使用(設定温度22度)

光熱費合計  8,166円+1,431円+5,238円=14,835円

期間平均気温 7.4度

前年同月比電力使用量 +536.0kwh(+191.1%)
前年同月比電気料金   +7,484円(内燃料調整費 +904.60円 内再エネ付加金 +571.00円)
前年同月比灯油料金   -5,238円
前年同月比光熱費合計 +2,226円

一日平均電力使用量 2015年3月分 38.78kwh  2014年3月分 20.02kwh 
              2013年3月分 41.65kwh  2012年3月分 41.68kWh 

※太陽光発電導入前後の光熱費・電力使用量の推移グラフを掲示します。
20150314.jpg
↑クリックすると拡大します。

20150314-3.jpg
※上記比較表は電気料金単価・消費税改定前後にて比較。(2013年3月と2015年3月現在)

今回の検針期間平均気温は昨年比△0.1度となっており、昨年とほぼ変わらず。
昨年は暖房を石油ファンヒーターにて賄い、今年は蓄熱暖房機に戻して光熱費の推移を追跡しています。
3月検針ベースでの光熱費は昨年比+2,226円となっており、単月で比較すると石油ファンヒーターに軍配があがっています。
一方で、暖房を蓄熱暖房機で賄った2013年3月の総電力使用量は1166.2kWhですが、合計光熱費は12,119円です。今年は総電力使用量が1124.5kWhと微減ですが、合計光熱費は17,061円と上記の比較表の通り電気料金単価改定による負担増が3,628円であり、家計を大直撃する格好となっています。
                   
お付き合い頂きありがとうございました。


太陽光発電 ブログランキングへ

にほんブログ村

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。